アトピーを治す環境と食生活の改善

環境と食生活の改善 アトピー性皮膚炎にお困りの方は年々増加し、原因不明によって長期化する傾向にあります。それは食生活や環境に理由があることが多くあります。
アレルギー症状のひとつであるため、環境としてはダニやハウスダスト、花粉やカビ、ペットなどの動物の毛などといったアレルゲンが理由になるのはよく知られていますが、それらを対処しているのに悪化するという方もいると思います。
しかしその対処がうまくできていない可能性もあります。例えばじゅうたんやカーペットは湿気がこもりやすいため、ダニが住み着きやすいのですが特にウールなどのカーペットを使い、湿度の高い空間だと異常繁殖してしまいます。しっかり空気の入れ替えを定期的に行っていないと空気も悪くなっていきます。
食事の場合は種別が多くなかなか原因を把握し限定するのは難しいため、時間や手間がかかると思いますが、基本的に刺激物は控えたほうがいいと言われています。チョコレート、ニラやネギやたまねぎ、カレーや香辛料の強いもの、お酒といったアルコール類、山芋などです。
また白糖や添加物は摂取が控えたほうがいいと言われます。肉や魚や卵といった動物性たんぱく質も摂り過ぎないに考えていきます。
アトピーという問題は普段の生活を一から考えて直していかないと解消できない症状です。

アトピー性皮膚炎にタバコは禁物

花粉やPM2.5をはじめ、地球環境の悪化や空気の汚れなどの影響は年々高まっています。そこへ細菌などの感染やストレスなど、これらの要因はすべてアトピー性皮膚炎との関係性、あるいは関連性がいわれるようになりました。
科学や技術の進化、生活の便利さと引き換えに、このような厄介な症状を発症する人が増えています。
直接的な原因は、人により生活環境なども違うため一概にはいえませんが、その人の持つ細胞のDNAによりアレルギー素因を作りやすい人もおり、症状が出た時には軽度のうちに治療にかかることが大切です。
アトピー性皮膚炎を発症する時というのは、皮膚のバリア機能が低くなっているだけでなく、免疫力や抵抗力も弱まっています。
タバコは化学物質や発がん性物質の固まりで、免疫力をさらに下げることはいうまでもありません。タバコに含まれる膨大な量の有害性物質が、アレルギーやアトピー性皮膚炎をさらに悪化させ、さらには治りを長引かせます。
皮膚疾患の改善にはビタミン類も有効ですが、タバコはビタミンを破壊してしまうことが知られており、是非とも避けたいものです。
もうひとつ、健康な皮膚の鍵を握るのはきれいな血液なのですが、タバコを吸うことで血中には一酸化炭素と毒素が増え、血栓ができやすくなることもわかっています。